次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

<沖縄・那覇市>波上宮(なみのうえぐう)境内にある明治天皇像

沖縄
スポンサーリンク

あまり知られていないようであるが、沖縄総鎮守、那覇市の若狭地区にある沖縄一の宮・波上宮(なみのうえぐう)の境内には、明治天皇の立像がある。

像は明治百年を記念しての事業として昭和45年(西暦1970年)、沖縄が本土復帰する2年前に建立された。まだ沖縄は米国統治下だった時代だ。

台座には大きく「国家(國家)」の文字が刻まれており、背後には五箇条の御誓文が記されている。米国統治下だった沖縄が、日本に復帰する事でアメリカを追い出し、沖縄県民として独立国日本の国民として本来の故郷の姿を取り戻したいとの願いが込められたようである。(しかし、日本復帰後も沖縄に米軍基地が残ったことで、複雑な感情が現在も癒えていない方も多い様子)

明治節(明治天皇の誕生日)である11月3日、幕末からの激動の時代を乗り越え、今に至る大きな転機となった明治の世、当時の出来事を考えつつ、その時代を生き抜いた人たちに思いを馳せてみるのはいかがだろうか?

 

 

東京近郊にお住まいの方であれば、明治神宮への参拝はもちろんであるが、個人的には神宮外苑にある「聖徳記念絵画館」を訪問されることをオススメしたい。明治天皇のご生誕から崩御までの出来事を、「画題」の年代順に前半を日本画40枚、後半を洋画40枚として展示がされている。

令和2年の現在は、明石家さんまさん関連のイベントも開催されているようである。

(聖徳記念絵画館)

明治神宮外苑|聖徳記念絵画館
聖徳記念絵画館。明治神宮外苑は明治神宮の外苑として大正15年に創建され聖徳記念絵画館を中心に神宮球場をはじめ各種スポーツ施設と四季折々の自然を満喫することができる。特にいちょう並木はよく知られている。

(Wikipedia:明治節)

明治節 - Wikipedia

(明治神宮ミュージアム)

明治神宮ミュージアム|明治神宮
明治神宮ミュージアム|渋谷区代々木鎮座。大正9年11月1日創建。明治天皇、昭憲皇太后を祀る。他に神宮外苑、明治記念館のご紹介等。

 

1+
タイトルとURLをコピーしました