次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

【資料】「政体と日本天皇制」昭和20年12月 安岡正篤(文字起こし・現代語訳)[出典:国立公文書館デジタルアーカイブ]

資料データ
スポンサーリンク

スライド

天皇制研究第一号(部外極秘)

天皇制護持の積極的合理的根拠に付き、各方面専門家の協力援助を得て徹底的研究を進め居るところ、本稿は金雞学院(きんけいがくいん)院長・安岡正篤(やすおか まさひろ)氏より提出せられたる意見なり

昭和二十年十二月

外務省調査局第一課長

政体と天皇制 安岡正篤

政体は学者に依(よ)って色々に分類せられるが、此処(ここ)ではやはり一般に慣用せられている旧分類、即ち君主、貴族、民衆の三政体に分かってその長短得失に対する古来の学者の批判を点検して、その立場から日本天皇制を観察してみよう。今や日本を挙げて天皇制存廃問題に賛否の論が喧(やか)ましいが、随分感情や偏見を含んだものが多いから、冷静に学問的に論述してみたい。

こういう場合誰しもまず一応溯(さかのぼ)って調べて見るのはプラトン(編注:原文ではプラトー、Plato)アリストテレス(編注:原文ではアリストートルAristotle)である。

プラトン説

プラトンに依れば、人間精神には形而上(けいじじょう)的要素と形而下(けいじか)的要素とがあって、前者は人間を絶対者(イデアidea)に結び、後者は人間を生滅流転(しょうめつるてん)の感覚世界に結ぶ、その前者を理性と言い、後者のうち理性の命に聴従(ちょうじゅう)して感覚世界を浄化向上せんとするものを意志とし、これに逆(さか)わりとするものを情欲と言う。

人生は理性の馭者(ぎょしゃ)により、意志の駿馬(しゅんば、しゅんめ)に鞭(むちう)ち、情欲の衆を率いて絶対地(イデア)に帰往するにある。国家もこの意味において正しく一つの大なる人である。乃ち(すなわち)人間の情欲に相当する民衆があって、それに対して理性の命に従い、内、民衆の安寧秩序(あんねいちつじょ)を保ち、外、外国の●悔(編注:1字判別不能)を斥ける(しりぞける)意志の権化としての文武官吏があり、この両者の上に最高の理性に当たる治者、君主がなければならぬ。君主は理性そのものなるべきが故(ゆえ)に、最も高き道徳的精神の人、即ち(すなわち)哲人でなければな(編注:原文は変体仮名の「な」)らぬ。哲人にして国家に君主となれば、政治様式等はどうあろうとも問題ではない。哲人が国家に君主とならぬ限り、あるいは現在の治者君主にして真に哲人とならぬ限り、民衆は到底災厄を免れる(まぬかれる)ことは出来ないと言うのである。

専ら(もっぱら)科学を旨とする現代人からは、プラトンのこう言う主観主義的の考え方よりも、次のアリストテレスの客観的な説の方に遙かに学問的な魅力を発見されるであろう。

アリストテレス説

アリストテレスは、政治上、質は量に伴うものであって、民衆政治はどうしても少数政治に勝(すぐ)るものと考えた。

㈠ 多くの事例において民衆の世論は如何(いか)なる個人よりもその判断が勝(すぐ)れているのが常である。

㈡ 多数は少数より腐敗し難い。例えば感情に駆られたり、人に欺(あざむ)かれたりして、正道(せいどう)を誤ることが少い。

㈢ 多数は徒党を作るが、その性質は常に多数そのものの性質と同様に、比較的善である。

と言うのが彼の見解である。

政治の合理性を民衆の方に認めた者で、世人に聊か(いささか)意外に感ぜられるのはマキャヴェリ(Machiavelli)である。

マキャヴェリ説

彼は君主の為に政道を説いたその有名な政治論の故に、極端な専制君主政治論者の様に一般に考えられているが、彼はローマの政治学者ポリュビオス(Polybius)が唱えた様に、かの三政体について各々(おのおの)正と不正との二種に分かち、都合六種政体の循環を説いて、民衆政治をそのうちまだ一番ましなものと考えた。それは、

㈠ 無法の君主は無法の民衆と変わりはない

㈡ 一時の激情に煽られて大事を誤り易い事も同様である

㈢ 忘恩(ぼうおん)且つ(かつ)恆心(こうしん)のないことについても亦(また)然り(しかり)

㈣ 見識批判にかけては民衆は君主に勝る

㈤ 官吏の選任は君主よりも民衆の方が誠実にやる

㈥ 民衆は君主より善言に耳を傾け易い

等の理由からである。

しかしながらアリストテレスやマキャヴェリとは正反対な見解も、亦(また)民衆について行われている。

トマス・アクィナス(St.Thomas Aquinus)は到るところ不和と闘争であることを指摘し、トマス・ホッブス(Thomas Hobbes)に民衆の方が君主よりも小人に誤られ易いと視ており、フィルマー(Robert Filmer)に至っては民衆政治を次の様に観察して君主政治を主張している。

㈠ 民衆政治と言っても、実は一部少数の者が民衆の名をかたって野心を欲にするに過ぎない

㈡ 民衆の性質は本来放縦(ほうじゅう)に走り易く、●(編注:1文字判読不能)ってその政治は危険である。史上の実例に徹しても民衆政治は多くの賢人を害している。ギリシャのアリスタテスやテミストクレスは追放され、ミルチアデスは投獄され、フオシオンは死刑となり、ローマでもシピオ兄弟は追放、タキツス、クセノウオン、キケロ等は民衆を「多頭の獣」と呼んだ程である

㈢ 君主政治に付いては暴君の専政を恐れるのが常であるが、暴君は責任を免(まぬか)れ難いこと到底民衆の様ないい加減なものではない。英国史上でもノルマン征服後六百年間二十六王、一も暴君と言うべきほどの者はない。英国の内乱は暴君よりも民衆の放縦から起っている。

前掲のホッブスはまた、

㈠ 君主の方が政治から利己的目的を排斥して公益に合致せしめ易い

㈡ 君主政治の方が政務を統一し簡捷(かんしょう)にする便宜がある

として君主政治に賛成している。こう言う現実問題の外に、アクィナスは彼独特の哲学から次の様に君主政治論を主張している。

アクィナス説

自然の法則を観るに、凡て(すべて)一元的に統制が行われている。肉体は心により、宇宙は神による。政治に於(おい)ても多数は到るところ不和と闘争とである。どうしても絶対的な一者に依る政治、即ち君主政治でなければならぬ。

但し(ただし)君主政治は最良であると同時に、一度暴君が出ると却(かえ)って最悪のものとなる。そこで君主政治には暴君を廃することを考えねばならぬ。

之(これ)についてある者は偉大な人物をして暴君を放伐(ほうばつ)し、国民生活の脅威を除かしめねばならぬと言う暴君放伐論を主張する。しかし之(これ)は聖書からも認められない。ペテロも言った様に、人は正邪を裁くべきではない。又(また)不正なる主人とて罰することは出来ぬ。それは全く神の権に委(ゆだ)ねらるべきことである。暴君の虐政に対する反抗は個人の判断に待つべきではなく、公的権威に依って決せられねばならぬ。然(しか)らばその公的権威は如何(いか)にして発動し得るか。

㈠ 国民が君主の選任権を有する場合、選任機関即ち(すなわち)元老院(げんろういん)や議会で廃立することが出来る

㈡ 上級機関有って君主を選任する場合、例えばローマ皇帝下のユダヤの如き、皇帝に訴えてその暴君を排除することが出来る

㈢ そんな手段が一切無い場合、その時は神に任す外はない

人類の社会生活には統一秩序がなければならず、統一には中心(太極)がなければならぬと言う見地からダンテ(Dante)も君主政治を主張し、これを推して世界の君主国の対立は人類の禍(わざわい)であるとして世界平和の為に世界国家(universal state)を考え、世界は一大君主に統治されねばならぬとした事は有名である。

マキャヴェリと同様の意味に於(おい)て、一般人の考え方から寧ろ(むしろ)意外に思われる のは、民主主義の本山と目されているルソー(Rousseau)である。彼は君主政治嫌いで民衆政治の謳歌者の代表的人物の様に解されているが、実は公正に各種の政治形態を観察して、君主政体は理論として極めて好い政体であるが君主を世襲とすれば名主は出難いし、選挙とすれば毎(つね)に国家の不安動揺を招く、それに政道は民情に通づるを要するが、君民の間は兎角(とかく)疎隔(そかく)し易い。何(いず)れにしても困難な政体である。貴族政体は人民に貧富によって堕落せず、門地閲歴を重んずる淳厚(じゅんこう)な風俗があれば、賢人を推戴(すいたい)し、政務を簡捷(かんしょう)にする便があるが、稍(やや)もすれば階級的反感闘争を免(まぬか)れない。これに対して民主政体は、

㈠ 人民相互が相知り得る程度に小国なること

㈡ 風俗が簡素で政務が煩瑣(はんさ)でないこと

㈢ 貧富の懸隔(けんかく)、階級闘争の為に組織が瓦解する憂(うれい)の無いこと

等の諸条件が備われば良いが、現実においてこれほど政変の起り易い不安な政体はない。恐らくこれは神のみに適する政体であって人間には適すまい。凡そ(おおよそ)政治には、集約する(Contract)作用と解消する(dissabre)作用とが相待的(そうだいてき)に含まれていて、前者に傾けば民衆→貴族→君主と帰往するが、後者に傾けば君主→貴族→民衆に向かい、遂に衆愚政治(Ochlocracy)に成ってしまう。故(ゆえ)に民衆政治ほど集約向上を図って常に正しく公共の福利を目的とする民衆の共同意志の実現に注意せねばならぬと説いている。この点についてはモンテスキューもまた彼と意見を同じくして居る。

これらの諸説を仔細(しさい)に考察してくれば、政体の得失についてはもう十分論がつくされている。君主政治が善いか民衆政治が善いか、と言う様な事を抽象的に一般的に論じてみても、それは無駄である。

正しくは国民の教養、経済や宗教をも含めた生活状態、慣習、伝統、文化、つまり国民の歴史的展開に即してその国民の秩序、平和、自由、文化を促進し、世界人類の幸福に寄与すべき共同善『Common good※㈠』を達成せんとする文明社会の真意『real will※㈡』とも言うべきものを体現運用するに最もふさわしい自然な政体が決定されねばならぬ。

シユライエルマッハー(Schleiermacher)も三個の旧分類(即ち君主、貴族、民主)は殊毎(ことごと)に相矛盾する、例えば民主制で指導者は貴族制に類似し、又ペリクレスの様に一人が君主的支配をする事もある。君主制でもまたそうで、ミラボーもある意味で君主制は共和制であると言って居るがまさしくその通りである※㈢、と論じている。政治の成立活動する形式や理論にばかり拘泥(こうでい)するとこういう矛盾に陥(おちい)る。

英国の元首相ボールドウィン(Boldwin)は、

「我々は他の国民より勝れて居るのではない、ただ我々はたまたま他の国民と違った経験を得た、それは問題の解決に当って暴力では得られない事を永い経験の結果お互いの隔意ない協力の下に、充分の討議を以て解決すると言う方法を選定したことである。従って政党は理論闘争をやって相(あい)排擠(はいせい)するものではない。ある党が他の党を容れなくなったら、もう憲政はお終いである。互いに礼をもって国家の為に民情を盡(つく)して意見を交へるところにデモクラシーの意義があるのである」

「ウイルソンがかつて言った事がある。デモクラシーは誤って一個の理論が政治の一形式に過ぎぬものの様に解されているが、そんなものではなくて文明の一段階である。それは何かあれば寄合(よりあ)うとか、物は相談とか言ふ漸次(ぜんじ)の風習から出来て居る、イギリス人が独りこの風習を自然に民政に移すことに成功したが他の国民達は大早計にこれに突入(rushed into)して、いろいろ培養もせずにこれを採用したのである」

と言々。※㈣

流石に教養の高い実際政治家の卓見である。日本は今敗戦の衝撃からウイルソンの所謂(いわゆる)平生の培養もなくデモクラシーに突入(rush into)して天皇制を単に政治の形式と、多分に感情的な理論とに捕われ過ぎて論議していないであろうか。

※㈠ このCommon goodという言葉はT.H.GreenPrinciples of Political obligationから借りたものである

※㈡ real willと言ふ言葉はBosanquetPhilosophical Theory of the State から採った

※㈢ 一八一四年ベルリン科学学会に彼が寄せた論文「種々なる政体の概念について」による

※㈣ 一九三九年四月カナダのトロント大学に於ける彼の英国及び英国人についての講演による

日本天皇

歴史的に観察して日本人の素質をその美点から言うと元来明るい、理想主義の宗教的情緒に豊かな、しかしながら決してそんな排他的で偏狭なものではなく寛容な人道的精神に富んで、洒落(human)である。

どんなに自国を愛し誇りとしても、他国を根から軽蔑し排斥する様な性格とはおおよそ縁(編注:原文では「緑」)遠い。一時的感情は別問題である。日本人の生活趣味を見てもすぐ分ることであるが、日本人の様に世界中の飲食を愛好して、支那のでも欧米のでもそれらの生活様式を容易に取り入れる様な国民がどこにあるだろうか。儒教でも仏教でもキリスト教でも科学でも音楽、芸術でも何でも、他国民の宗教や学芸をこれ程寛容に熱烈に共鳴した国民が何処にあるだろうか。

それ●(編注:1字判別不能)欠点を言うと、感情的で激(げき)しやすく消気(しょげ)やすく、ともすれば軽佻(けいちょう)で、移り気である。ただ終始一貫して日本民族は他国民と違った一つの経験を大成した。他民族が国家を成してゆく程に絶えず主権者の安定を欠いて、所謂(いわゆる)易姓革命(えきせいかくめい)を免(まぬか)れなかったにも拘(かかわ)らず、日本民族は西暦で言えば五・六世紀までに対立する諸豪族を完全に統一して、元主たる地位を確立された皇室を推戴(すいたい)し、これを単なる政治的機関たるに止(とど)めず、プラトンの言葉を借りて言えば、民族最高の理性に当る治者たらしめんとし、天皇より現実の個人的意志(actual will,individual will)の放恣(ほうし)を去って超個人的社会的意志とも言うべき真正意志(real will)民族社会成員の共同善(common good)を実現せんとする一般意志(general will)の権化(ごんげ)たらしめんとする哲学的道徳的努力が、君民一致して続けられた。それは全く宗教的情熱を以て行われた。

日本人は一切に内在する絶対者を認めてこれを神とし、国家の生成発展は神の生活であり、神は天皇にあって生くとした。これが現人神(あらひとがみ)の思想である。決して天皇を色も形も声もない神秘的存在とするものではない。象徴を愛するのは東洋人の特質である。東洋人は真理を抽象的概念的に思惟(しい)するに止(とど)まることが出来ない。必ずこれを象徴しようとする。天皇制の発達も一つはこの民族心理の特徴に因るものであって単なる偶像礼拝(ぐうぞうれいはい)と同視することの出来ないものである。

この民族的努力の長い間に皇室は次第に浄化せられて「私」を喪失し、「公」に帰し、他国の王室に在る様な「姓」もなくなり、天皇の御名(ぎょめい)にも「仁」の字が付くようになった。「仁」とは造化(Creation)を意味する。斯(か)くして日本天皇には他国の君主の様な暴君と言うべきものが出現し得ない様になってしまった。フィルマーは英国史上案外暴君と言ふべき程の者はないと言っているが、日本史上は全くなくなってしまった。

アクィナスの憂(うれい)は日本に無くなったのである。もちろん皇室の地位権威の確立後も、これを奪ってあらたに自ら取って代わろうとした者も無いではなかったが、まるで問題にはならなかった。北條軍閥、足利軍閥の勢力威望をもってしても、皇室を迫害はし得たが、自らこれに代わることは思いも寄らず、結局皇族の何人かを求めて新天皇を擁立するに過ぎなかった。

国民を個々に見れば愚昧(ぐまい)なものが多くても、全体となればそこに超個人的社会的精神が発現するから、所謂(いわゆる)民の声は天の声(編注:●●アルファベット表記読み取れず●●)で真の権威は私心私欲からは到底長く成立しない。秦の始皇帝は朕(ちん)より始めて子孫万世(しそんばんせい)に至らんと期したが、二代にして終り、あれ程ハイル・ヒットラーと呼ばせて自己を神聖化し、フューラーの権威を確立しようとしたヒットラーも一代で儚く(はかなく)敗れた。

日本の皇室が連綿としても絶えず、天皇の権威が絶対化したと言うことは実に地上稀有なことで、それは全く君民一致して天皇を単なる政治的地位に止(とど)めず、さりとてローマ法王の様に政治的地位より完全に分離もせず、真の創造的立場に中したaub●●●(編注:アルファベット読み取れず)からである。日本の政治上注意を要する危険は暴君ではなく、この天皇の権威を●(編注:1字判別不能)って専制を行う特権階級の出現である。

自己に対する民主の不服を抑圧する為に天皇の権威を利用する事を、「袞龍の袖に隠る(こんりょうのそでにかくる)」という。これは日本の政治道徳上最も重大な戒律である。東條大将も終始自分の威令(いれい)の行われ難いことには、「聖慮(せいりょ)」をふりかざした。しかしこの事が度重なるにつれて、その部下も国民も次第にその不当不敬を自覚して東條を批難し排斥する声が高くなった。東條一派の思慮と反比例に国民が非協力的になって行ったのは、ここに一つの大きな原因がある。

日本の政治上もう一つの危険性は、政治の要職にある者が身の安穏(あんのん)を計る為に「累を皇室に及ぼす」と言うことを好い遁辞(とんじ)にして責任を逃れ、無為無策に甘んじ国民の進取発展を阻害することである。日本近代の重臣は一様にこの傾向が強かった。これがどれぐらい国民の気分を腐らせたか測り知れぬものがある。戦争末期に民衆の間から盛んに起った大権発動論、天皇親政論はこういう両様の政治家に対する民衆の不信と絶望との反映であって、外国ならば当然民衆革命の起こるところであるが、日本の国体ではそういう時に必ず民衆は創造的地位に立つ天皇に直結しようとするのである。

こう言う弊害(へいがい)を調整する(checks and balances)為に政府に対して両院と枢密院(すうみついん)とがあったのであるが、それが何(いず)れもその職責をつくさなかったので、政治的責任は主として政府議会枢密院にある。天皇に政治的責任はない。しかしながら天皇の道徳として深い「自責」はおありにならねばならぬ。歴代天皇の詔勅(しょうちょく)を拝見すればその点実に厳粛である。

天皇は決して単なる政治的元首に止(とど)まるものではなく、前述の通り長い長い間に民族の生活と理性とから築き上げられて来た国家の創造的主体であつて、国民から言えば天皇は絶対であるが天皇からは完全な民本主義である。ただこれを近代的デモクラシーの形において政治に組織運用するだけの十分な培養が欠けていた。これを注意深く育て上げれば日本独特の天皇制の下に他国とは趣(おもむき)の異ったデモクラシーの運用が行われねばならぬ道理である。天皇制を廃するという様なことは民族の歴史を抹殺することであり、天皇制以上のものは百年、千年かかっても日本人に出来るものではない。

世には日本国家成立期の科学的研究により、皇室は必ずしも民族の宗家ではないとか、皇室と対抗する諸豪族を征服して始めて支配権を確立した特権階級であるとか、古事記や日本書紀を多分に皇室の政治的意図の下に作成された記録として皇室の権威を否認し、天皇と国民との関係を薄んじようとする学者もあるが、その時局に阿諛(あゆ)するか否かの学者的良心問題は別にして、そういう研究は今日なんら日本国家と天皇との関係を動かすことは出来ない。もしそういう理由によって天皇の権威を否認するならば人間の祖先は猿と連枝(れんし)である、英国民の祖先は海賊である、アメリカの先達(パイオニーア)は掠奪者であるからと言う理由で人間の権威や文明の意義を無視するに等しい。人類の歴史的展開の意味を知らぬ非学問的見解と言わねばならぬ。

日本人もボールドウィンやウイルソンの説いた様に自然にして真実な生活の中から注意深く政治を育て、一朝一夕(いっちょういっせき)の激情偏見をもって永久の不安と混乱とを招かぬ様にせねばならぬ。

原本PDFへのリンク

(国立公文書館デジタルアーカイブ)

https://www.digital.archives.go.jp/das/contents/pdf/lossy/S46B0700010000/040400141578.pdf

(印刷しやすいよう当サイトでA4横に縮小印刷し、スキャンしなおしたPDFを、姉妹サイト憂国Wikiダウンロードのページにもアップしていますので、印刷したい場合はこちらをお使い頂いた方が良いと思います)

ダウンロード
憂國Wikiによるダウンロードページです。各種告知・会報・署名の情報(掲載内容やURL等)をお持ちの方は、【お問い合わせ】フォームまたは憂國WikiツイッターDMでお知らせ下さい。

関連サイト・関連書籍など

(公益財団法人郷学研修所・安岡正篤記念館 公式HP)

《公式ホームページ》 公益財団法人 郷学研修所・安岡正篤記念館
日本農士学校。 安岡正篤先生が昭和初期に創立し、心血を注いで人材教育に当たった全寮制の私学校。 本法人はその跡地に創設されました。 心ある人々にとって、違和感や危うさを感じざるを得ない現代の風潮。 進むべき道を見失っている人々。 人間としての、また日本人としての大切なことが何か忘れられているのではないか… 安岡正...

(書籍 [増補新版]活眼 活学 安岡正篤(著)2020/9/26)

Amazon.co.jp

(アゴラ書評 すべての政治家必読。今こそすすめたい安岡正篤『活眼 活学』 高橋大輔氏 2020年12月03日)

すべての政治家必読。今こそすすめたい安岡正篤『活眼 活学』
議会130年の節目を迎えはしたものの 先月29日、コロナ禍の中、参議院本会議場で議会開設130年の記念式典が厳粛に執り行われました。 外野ながらも尾崎財団の端くれとして列席された皆さんにエールを贈りたいと思いつつも、内政

(郷学研修所・安岡正篤記念館ツイッター)

 

 

タイトルとURLをコピーしました