次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

金柄憲韓国歴史教科書研究所長「歪曲慰安婦像撤去」を訴える演説10.28(SDHF Newsletter No.295J) – Address to call for the Removal of the Comfort Woman Statue of Falsification (in front of the Gangbuk District Office on October 28) / KIM Byung-heon

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

金柄憲(韓国歴史教科書研究所所長) 「歪曲慰安婦像撤去」を訴える演説(ソウル江北区庁前、10月28日)

○○〇法廃止国民行動 ソウル江北区庁前 記者会見。No6 金柄憲所長の演説。

金柄憲所長は、「歪曲慰安婦像撤去」を訴える活動を続けておられます。今回は10月28日にソウル江北区庁前で行った演説をご紹介します。

「慰安婦が日本軍によって強制的に連れて行かれ日本軍の性奴隷で戦争犯罪被害者だ」というのは全くのウソで、そのウソを今もつき続けているのが、韓国政府の女性家族部であり、正義連であり、文在寅政権の集団であると糾弾しています。

そもそも、慰安婦、つまり売春婦という職業には17歳以上でなければつくことができず、厳格に規制されていたということです。ところが、韓国慰安婦の代表的な人たち金福童(キムボクドン)は、14歳の時に連れていかれといい、李容洙(イヨンス)は、14歳、15歳、16歳ところころ変わりますが、寝ていたら連れていかれたといい、吉元玉(キムオノク)は、13歳の時に連れていかれて慰安婦になったといっています。つまり、全部ウソということになります。

金所長は、こうした大ウソが韓国中に広まり、国民同士の葛藤と分裂が生まれ、そしてこのウソが日本に影響し、韓日関係を破綻させていると主張しています。

金所長は言います。

「憎悪と葛藤の象徴の慰安婦像」

「嘘と捏造の象徴であるこの慰安婦像」

これは必ず撤去されなければいけないと。

金柄憲所長演説日本語訳文:

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/kim.pdf

金柄憲所長演説英訳文:

http://www.sdh-fact.com/CL/kim_e.pdf

令和2年11月30日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

KIM Byung-heon (Director of the Korean History Textbook Research Institute) Address to call for the Removal of the Comfort Woman Statue of Falsification(in front of the Gangbuk District Office on October 28)

November 30, 2020

Mr. KIM Byeong Heon, Representative of the Korean History Textbook Research Institute, has demanded the removal of the “comfort women statue” in Seoul.

He addressed his appeal on October 28, 2020, in front of the Gangbuk District Office as seen in the Youtube video above.

○○〇法廃止国民行動 ソウル江北区庁前 記者会見。No6 金柄憲所長の演説。

He states that the claim, “Comfort women are war crime victims who were forcibly taken by the Japanese army to be their sex slaves,” is a sheer lie, even if the Ministry of Gender Equality and Family, the Korean Council for Justice and Remembrance for the Issues of Military Sexual Slavery by Japan and those in the MOON Jae-in administration insist otherwise.

Basically, being a comfort women or prostitute is not allowed without legal authorization. For example, the law stated that women needed to be 17 years of age or older.

However, Korean comfort women figureheads tell conflicting stories. KIM Bok-dong said she was taken away at age of 14 to become a comfort woman. LEE Yong-soo claimed that she was taken away by Japanese army at age of either 14, or 15, or 16. KILL Won-wok said she was taken away at the age of 13. These testimonies clearly show that they are lying.

Mr. KIM says that the reason why he is making a statement here is that these lies fill the entire ROK, causing conflict and division among the Korean people. The lie forces Japan to break their relationship with South Korea.

He emphatically states:

“the comfort woman statue symbolizing hatred and conflict”,

“this comfort woman statue symbolizing lies and fabrication”

must definitely be removed.

Article URL:

KIM Byung-heon (Director of the Korean History Textbook Research Institute) Address to call for the Removal of the Comfort Woman Statue of Falsification (in front of the Gangbuk District Office on October 28) | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/kim_e.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

+2
タイトルとURLをコピーしました