次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

<外交文書>日本突出で中国擁護 天安門直後のサミット宣言めぐり攻防 ~ネットの反応「あのモンスターを育てたのは日本」「再び同じ過ちを繰り返してはならない」

ニュースまとめ
スポンサーリンク

産経新聞の記事

【外交文書】日本突出で中国擁護 天安門直後のサミット宣言めぐり攻防
2020.12.23 22:20

天安門事件直後の1989年7月14~16日にフランスで開かれた先進7カ国首脳会議(アルシュ・サミット)で採択された中国を非難する宣言をめぐり、日本政府は人権を重視する他の参加国の反発にもかかわらず、表現を弱めようと苦心していた。一方、中国は日本の対応を評価する姿勢も見せていた。23日公開の外交文書で明らかになった。

議長国のフランスが示した7月4日付の宣言案は、事件を「人権を無視した野蛮な鎮圧」と非難した。閣僚ら要人の接触停止などの制裁措置も列挙した。

これに対し、宇野宗佑首相は6日、外務次官に「言葉と面子を重んじる国であるから下手をすると逆効果だ」と話し、表現をやわらげるよう指示した。当時、対中融和の姿勢は宇野首相だけでなく政府内で共有されており、経済界なども同様だったとされる。

(記事の続きは産経新聞のサイトでご覧ください)

【外交文書】日本突出で中国擁護 天安門直後のサミット宣言めぐり攻防 
天安門事件直後の1989年7月14~16日にフランスで開かれた先進7カ国首脳会議(アルシュ・サミット)で採択された中国を非難する宣言をめぐり、日本政府は人権を重…

ネットの反応

歴代最低クラスの総理大臣ですからね

だから、外交文書が今更出たから、どう言いたいんですか?
そんな事は、分かりきった事じゃないの?
当時の日本政府は、自民党の田中角栄元議員や金丸信や小沢一郎が親中派として国会内で発言権を持っていたし、宇野宗佑なんて、明らかに竹下登や金丸信に担がれたバカ丸出しの不倫総理。

あのモンスターを育てたのは日本なんですよね。
世界でも類稀なるお人好し日本人は、今も昔もずっと彼らに騙され続けてるのにまだ学習しない
教科書もテレビもNHKも本当のことは教えてくれない、日本人こそ本当の歴史を知ろう。

媚中外交が我が国の国益を棄損するだけだという事の証明だな。今からでも遅くはない。対等な外交姿勢に修正するべきだよ。

再び同じ過ちを繰り返してはならない

関連記事など

(産経)

【外交文書】自民は対中融和を評価 天安門事件 「極楽とんぼ」批判も
外務省が23日に公開した外交文書には、中国政府が民主化を求める学生らを武力鎮圧した1989年6月4日の天安門事件に関し、当時の自民党幹部や議員連盟の議論を示した…
【外交文書】中国、天皇陛下訪中を直接要請 日本は非公表 天安門翌年「即位の礼」
平成2年11月の「即位の礼」に参列するために来日した中国の呉学謙副首相が海部俊樹首相と会談した際、天皇に即位された上皇さまに訪中を直接招請したと伝達していた。前…
【外交文書】「今こそ天安門の教訓を」 中西輝政京都大名誉教授
天安門事件を受けてなお、当時の日本政府は国際社会に中国との融和を呼びかけるようなスタンスを取り続けた。制裁にかじを切る西側諸国の動きに比べ、明らかに突出した動き…
【主張】「天安門」外交文書 脅威育てた失策の反省を
日本の対中外交の重大な失策が外交文書の公開で裏付けられた。政府は真摯(しんし)に反省し、対中融和姿勢を見直す契機としなければならない。中国共産党政権が民主化を求…

(zakzak)

【有本香の以読制毒】屈辱の外交文書 中国共産党政権の強大化許した“媚中外交” 天安門事件に宇野・海部氏“弱腰”、「失敗」として国民的記憶に刻め
日本の「媚中外交」が、中国共産党政権の強大化を許した歴史的事実が明らかになった。外務省は23日、1987年から89年までの外交文書26冊(約1万600ページ)を…

(ハフポスト)

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5fe3eeafc5b64e4421022153?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

(アノニマスポスト)

外務省、1990年前後の外交文書ファイル計26冊を公開 天安門事件での対中非難声明をめぐり、G7で日本政府が表現を和らげようと各国に働き掛けていた~ネットの反応「宇野宗佑内閣のときか」「それだけ中国に配慮しても今のザマだよ」
※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします ↓ ↓ ↓   外務省は23日、1990年前…

(書籍)

日中の「戦後」とは何であったか 戦後処理、友好と離反、歴史の記憶 | 波多野澄雄, 中村元哉 | 歴史学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで波多野澄雄, 中村元哉の日中の「戦後」とは何であったか 戦後処理、友好と離反、歴史の記憶。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
https://amzn.to/3mJKuXz

(岩田温チャンネル)

公開された外交文書から読み解く天安門事件。あの時、日本の政府の判断・対応は正しかったのか?(20/12/24)

 

0
タイトルとURLをコピーしました