次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

<電力需給逼迫>「異常な高値」電力ショックで消費者悲鳴 「市場連動型」のデメリット直撃 ~ネットの反応「1月の電気代で泣く人、結構いそう」

ニュースまとめ
スポンサーリンク

J-CASTニュースの記事

「異常な高値」電力ショックで消費者悲鳴 「市場連動型」のデメリット直撃、事業者も苦慮「数千万円の赤字」
2021年01月12日17時04分

日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格の高騰により、「市場連動プラン」と呼ばれる電気料金プランを契約する消費者から悲鳴が相次いでいる。

契約件数は80万件にのぼるといわれ、関連事業者は相談窓口の設置や救済措置に乗り出している。

「例年と比べて約10倍近い異常な高値」
大手電力会社で作る「電気事業連合会」は2021年1月10日、全国的な寒さや、悪天候による太陽光発電などの発電量低下を背景に、電力需給がひっ迫していると発表した。「1月8日には、西日本を中心に全国7エリアで最大需要が 10 年に1度程度と想定される規模を上回りました」と報告し、節電を呼びかけている。

梶山弘志経済産業相は12日の記者会見で、火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)の在庫不足も、電力不足の要因との見方を示している。

そのあおりを受けたのが、電気料金が市場価格に応じて変動する「市場連動型プラン」を契約する消費者だ。

同プランは、いわゆる「新電力」と呼ばれる、電力小売り自由化以降の新規参入事業者を中心に提供される。発電所を持たない場合、JEPXから電力調達するケースが多い。電力比較サイトを運営するエネチェンジは、市場連動型プランの契約件数は80万件にのぼると試算している。

JEPXでのスポット価格は12月後半から高騰を続け、「12月中旬まで10円/kWh前後であった電力卸売価格が、年末から急高騰しここ数日(1/8時点)では100円/kWh前後となっております。つまり、電気の取引価格が先月や例年と比べて約10倍近い異常な高値になっている状況です」(電力サービス「ハチドリ電気」を提供するボーダレス・ジャパン)

市場連動型プランではJEPXでの価格高騰が末端価格にも転嫁されるため、SNS上では契約者とみられる人からの阿鼻叫喚が広がっている。

(記事の続きはJ-CASTニュースのサイトでご覧ください)

「異常な高値」電力ショックで消費者悲鳴 「市場連動型」のデメリット直撃、事業者も苦慮「数千万円の赤字」
日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格の高騰により、「市場連動プラン」と呼ばれる電気料金プランを契約する消費者から悲鳴が相次いでいる。契約件数は80万件にのぼるといわれ、関連事業者は相談窓口の設置や救済措置に乗り出している。「例年と比べて約10倍近い異常な高値」大手電力会社で作る「電気事業連合会」は2021年1月10日...

ネットの反応

医療だけでなく電力も逼迫中。医療、電力、土地、科学技術研究、デジタル、と社会インフラ問題に共通するのは「安全保障」観点の欠如。侵略や危機の想定さえも忌避する勢力に従っていると命が危険だと思う。

卸電気料金に連動したプランを展開している「自然電力のでんき」が電気代800%とかいう異次元プライスになっていて「運営費0にして、さらに3万円まで持出して値引きするから耐えて!」と呼びかける事態になっている……。

少し前から話題を聞き始めた電力価格高騰、なかなかすごい。市場連動型で契約してて1月の電気代で泣く人、結構いそう

10年ほど前、当時の野田首相は夏場の電力逼迫を想定して、大飯原電を緊急措置として再稼働させたのだよな。記者会見の時も涙ぐんでいた。これだけは野田さんを評価してもよい。今は自ら泥を被ってくれるリーダーが不在ではないか。みんな原子力から逃げてばっかりで安倍ちゃんもガースーも弱虫だよ。

安定供給考えると選択肢は常に広くもっておきたいところ。

これはかなりまずい状況です。特に平日の朝9時と夕18時。
一般国民が簡単にできることはテレビを観ないことです。
一部の朝のワイドショーなど有害番組は絶対に観ないようにしましょう

関連記事など

(電気新聞)

LNG不足、太陽光の稼働減――電力需給逼迫の理由 | 電気新聞ウェブサイト
 全国の複数エリアで電力需給が逼迫した状態が続いている。長引く寒波の影響で需要電力量が急増。悪天候が続く地域では太陽光発電も期待できず、火力の燃料在庫は底をつきつつある。これに伴い、需要がピークを迎える1点の供給力(キロワット)だけでなく、全時間帯の供給力(キロワット時)が不足。需給調整用の揚水発電の水をくみ上げる電力...

(自然電力グループ)

日本卸電力取引所(JEPX)電力取引価格高騰に関する重要なお知らせ(第4報)
平素より「自然電力のでんき」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 1月7日よりお知らせしております「日本卸電力取引所(JEPX)電力取引価格高騰」につきまして、本日1月11日時点での情報をご連絡いたします。 ◆12月26日からのご請…

(日本経済新聞)

Jパワー、石炭火力を重油で緊急再稼働 電力逼迫で
発電事業者のJパワーが電力需給の逼迫に対応するため、停止中の石炭火力発電の燃料に重油を使い、14日にも稼働させることが分かった。停止中の発電所は石炭をくだく設備が故障しているが、発電設備そのものは動
電力供給綱渡り LNG不足深刻、火力発電も緊急稼働
電力需給の逼迫感が強まっている。記録的な寒波で暖房向けに電力需要が伸び、発電燃料の液化天然ガス(LNG)が不足しているためだ。Jパワーは停止中の石炭火力を、重油を燃料にして緊急稼働に踏み切る。12日

(産経新聞)

【主張】電力需給の逼迫 政府の節電要請が必要だ
厳しい寒波の到来により全国規模で電力需給が逼迫(ひっぱく)している。全国の大手電力会社で構成する電気事業連合会が利用者に対し、効率的な電気使用を求めた。暖房需要…

(NHK)

一部の地域 電力使用率99% 寒さで電力需給厳しく | NHKニュース
【NHK】寒さの影響で8日も電力需要が高まり、一部の地域で使用率が99%まで上昇するなど電力の需給が厳しくなっています。電力各社は…

(ITmedia)

電気代が数倍? 電力取引価格の高騰で「市場連動型プラン」がピンチ 対応に追われる電力小売事業者
電気の需給がひっ迫し、日本卸電力取引所(JEPX)の電力取引価格が高騰。「市場連動型」電気料金プランの利用者は電気代が跳ね上がる可能性があり、各地の電力小売事業者が対応を模索している。

(日経クロステック)

狂乱状態のJEPX、広域機関が「最大出力発電」を初指示|日経エネルギーNext
年明けの電力市場は“大荒れ”という表現を超えている。夜間を含む全時間帯で供給力が不足し、凄まじい高値が並ぶ。東京と関西エリアでは、電力広域的運営推進機関が発電事業者に対して最大出力運転を指示した。

 

0
タイトルとURLをコピーしました