次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

<五輪組織委>森喜朗氏、五輪開催「一番大きな問題は世論がどういうふうに五輪を考えているか」 ~ネット「問題は森会長あなたです」

ニュースまとめ
スポンサーリンク

Yahoo!ニュース(スポーツ報知)の記事

東京五輪組織委・森喜朗会長が「一番大きな問題は世論」と開催に理解求める
2/2(火) 17:08配信

東京五輪組織委の森喜朗会長は2日、自民党本部で開かれた党のスポーツ立国調査会オリ・パラ実施本部の合同役員幹部会に出席し、冒頭のあいさつで「一番大きな問題は世論がどういうふうに五輪を考えているか」と述べた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、最近の世論調査では大会の中止・再延期を求める声が約8割を占める現状がある。

森氏 五輪開催「問題は世論」 - Yahoo!ニュース
五輪組織委の森会長は2日、オリ・パラ実施本部の合同役員幹部会に出席し、「一番大きな問題は世論がどういうふうに五輪を考えているか」と述べた。感染拡大に伴い、最近の世論調査では大会の中止・再延期を求める声が約8割を占めるという。

関連記事など

(NEWSポストセブン)

世論は反対8割! スポンサー企業も本音は「五輪中止」だが、大手新聞社が……(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 今夏のオリンピック・パラリンピック開催に対する国民の反対は、ついに世論調査で8割に達した。緊急事態宣言は延長必至、新規感染者が少し減っても重症者と死者は増え続けている現状、すでに始まった医療崩壊、

(プレジデントオンライン)

五輪中止を全否定したIOCが進める「開催シナリオ」驚きの中身 デッドラインは「3月中旬」か
東京オリンピック・パラリンピック開催可否をめぐって議論が分かれている。英国のタイムズ紙は大会中止を報じたが、国際オリンピック委員会(IOC)は真っ向から否定した。開催を進めるIOCにどんなシナリオがあるのか、在英ジャーナリストのさかいもとみ氏が解説する——。

(朝日新聞)

「女性がたくさん入っている会議は時間かかる」森喜朗氏:朝日新聞デジタル
 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と発言し…

ネットの反応

問題は、森会長あなたです

問題は世論ではなく発生から1年経った現在も新型コロナウイルスが世界的に蔓延している事かもね。

もしかしてだけど、無観客・来れる国の選手団だけ、みたいな条件で開催してしまいそう?
知らんけど。

すでに世論無視してますやん。

実際3年後に控えたパリもオリンピックの準備が今の段階で全然できておらず、間に合わないとの声もあります。

今はコロナのことで頭がいっぱいかもしれませんが、日本の開催時期は水災害、台風、が多いことをお忘れなく。そしてここ数年はオリンピック前年に大きな震災が起きております。ロンドン前は東日本、リオ前は熊本、東京前は…コロナですが、2021年私は嫌な予感がしております。

日本だけでなく、世界各国がコロナ感染に苦慮している中、オリンピックを心から歓迎する人が相応にいるとは思えない。
そう考えると、オリンピック中止は必然的なことだと思う。

一番大きな問題は世論じゃない。
コロナがオリンピックの準備段階で収束していること。ワクチン接種が終わっていること。
医療に余裕があること。全部ムリでしょ。
いつまで経っても現実を見ようとしない夢みる森喜朗さん。

おじいちゃんもう辞めなよ…

 

+1
タイトルとURLをコピーしました