次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

<さいたま市>市職員が生活保護不正支給 1世帯に1270万円 ~ネット「なんで実名報道しないのかな?」「これはどんな職員が誰に行っていたかとても重要な問題ですね」

ニュースまとめ
スポンサーリンク

産経新聞の記事

さいたま市職員が生活保護不正支給 1世帯に1270万円
2021.2.15 21:56

さいたま市は15日、生活保護の業務に携わる40代の男性職員が、特定の1世帯に総額約1270万円を不正に過払いしていたと発表した。この世帯との関係など詳しい経緯を調査して処分を検討するとともに、埼玉県警に被害を相談している。

市によると、職員は市内の区役所に勤務。受給申請の審査やケースワーカーの指導に当たる「査察指導員」で、昨年4月~今年1月、17回にわたって「上司が決裁した」と偽り、生活保護を受ける特定の1世帯に対し、小規模事業を営むための「生業費」計約1270万円を不正に支出した。

支給に関する立案の権限を持つ部下のケースワーカーから、IDやパスワードを聞き出して自ら起案。各世帯への支給額が確定する前、経理担当者に「急ぎの案件だ」と説明し、この世帯向けの支給案を追加していた。

さいたま市職員が生活保護不正支給 1世帯に1270万円
さいたま市は15日、生活保護の業務に携わる40代の男性職員が、特定の1世帯に総額約1270万円を不正に過払いしていたと発表した。この世帯との関係など詳しい経緯を…

関連記事など

(NHK)

市職員 生活保護費を不正支出|NHK 埼玉県のニュース
さいたま市役所の40代の男性職員が、市内の1つの世帯に対して生活保護費を不正に支出していたことが明らかになりました。 総額は1200万円余…

(さいたま市公式)

さいたま市/生活保護費の不正支出が行われていたことが判明しました

ネットの反応

いくら査察指導員とはいえ、さいたま市の規模で職員1人が支給できてしまうのか。組織的な体制に大きな違和感がある。査察指導員が不正支給した背景も気になる。生活保護利用者に返還を求めるということは職員は利益を得てなかったのだろうか。

これはどんな職員が誰に行っていたかとても重要な問題ですね。

1世帯に9か月間で1270万円を支給したというんだけど、4人家族(30代夫婦と小学生2人の場合)でも支給額は月額28万円弱だよ?一体どういう計算で1270万円も支給することにしたんだ!?

徹底調査して、弁済させて。
多分、身内には甘いから、そうはなりませんよね、この国はおかしくなってる。

これって、ミスではなくて、意図的にやっていますよね。
業務上横領罪を疑うような話ですけど。

もはや犯罪者ですやん。子供じゃあるまいし、なんで実名報道しないのかな?だから、いらぬ推測もしてしまうわけよ。

『ポルシェに乗る生活保護受給者』は都市伝説だったが、神戸に実在した。
今度は『年収1000万の生活保護受給者』の都市伝説が現実に。正確には1年足らずで1270万。
まさかまた外国人じゃないよね?

キックバックか、女か
そのどちらかと相場は決まっている

タイトルとURLをコピーしました