次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

慰安婦契約書は存在した(SDHF Newsletter No.302J) – The story of a comfort woman who contracted with Korean entrepreneurs and frequently changed comfort stations

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

朝鮮人業者と契約し慰安所を転々とした慰安婦の証言 「契約書がない」というラムザイヤー論文に対する批判への反証 李宇衍(『反日種族主義』共同執筆者)

この論文は、「決定的な」打撃をラムザイヤー批判者に与えるものと言えます。批判者たちの論拠といえば、慰安婦と慰安所経営者は契約関係というが、契約を証明する「契約書」がないではないか、というのが最後の砦になっていました。

なにしろ、吉田清治証言や、それをもとにしているクマラスワミ報告書などは、今や完全なウソであることが明白となっています。またわずかな元慰安婦の証言(と称するもの)がありますが、これもほとんど実証性がないものばかりです。

そこで「契約書が」がないではないか、と居丈高になってラムザイヤー教授を攻め立ててきました。しかしながら、れっきとした契約書が存在していました。それも、韓国挺身隊研究会が編集した『中国に連れていかれた朝鮮人軍慰安婦2』という韓国語の資料集のなかに、存在しているのです。

중국으로 끌려간 조선인 군위안부들 2

李宇衍氏は、このなかのヒョン・ビョンスクという慰安婦の証言を取り上げています。インタービューアーのぺ・ジョンチョルに対して答えています。

・最初の売春宿には、2年契約で500ウオンもらって働きに行ったこと。

・家に帰ったけれど、もっと稼ぎたいということで、業者を探し、3年契約で3000ウオンという契約をしたこと。この時には、父親の承諾が必要だということで家に帰り、父親を説得して、判を押してもらう。業者に、祖父の判も必要と言われ父親に頼んだという。契約書がなくては判を押せない。当たり前であるが、3000ウオンも前貸しするのだから、ある種の契約書があるのは当然なのだ。

・ヒョン・ビョンスクは、「当時は厳しかったです。」と言っている通りである。

・また、彼女は、どういうところへ行きどういう仕事をするのか「よく知っていた」と答えてもいる。

このように自分たちで出した資料集にも、慰安婦の証言として、はっきり「慰安婦は業者と契約をして働きにいった」と書いてあるのに、いつまで、強制連行だなどという100%反対の大ウソを言い続けるつもりなのだろうか。

要するに、慰安婦問題人権問題でも何でもなく、史上まれな捏造プロパガンダに他ならないことを、あらためて証明する李容洙論文です。

李宇衍論文日本語版(JBpress):

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/story.pdf

李宇衍論文英訳文:

http://www.sdh-fact.com/CL/storyE.pdf

令和3年3月18日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

The story of a comfort woman who contracted with Korean entrepreneurs and frequently changed comfort stations Rebuttals of criticisms of Professor Ramseyer’s article, that “there were no contracts”. Lee Woo-yeon, co-author of Anti-Japan Tribalism

One criticism of Professor Ramseyer’s essay focuses on a “lack of contracts”. However, Mr. Lee Woo-yeon completely pulverizes this excuse. He argues based on Korean Military Comfort Women Taken to China 2 (written by the Research Society, the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan, Hanol, 2003).

An alleged “comfort woman”, Hyun Byung-sook, made several statements to Bae Jung-chul.

*First, she received an advance of 500 won to work at a brothel for two years.

*After returning home, she wanted to earn money, so she found a broker who offered her 3000 won

for a three-year contract. However, she needed her parents’ consent. She persuaded her father for

his consent and he put his seal on the contract. The broker further demanded her grandfather’s seal. It is quite reasonable for a broker to make a written contract, paying 3000 won up-front. Hyun said that it was rather strict, at that time.

*To the question, “Did you know that you were to serve many Japanese military men?” She replied

replied “Of course, I knew.”

As Professor Ramseyer wrote in his academic paper, the comfort women are nothing more than prostitutes, just like those who worked in brothels in Japan and Korea, in accordance with the law. The Asahi Newspaper formally admitted that Yoshida Seiji’s testimony was false and retracted 15 articles it published based on his falsehood. Thus, the so-called comfort women “crime” is a lie, and academics including Nobel Prize winners have been ensnared in this lie.

Article URL:

The story of a comfort woman who contracted with Korean entrepreneurs and frequently changed comfort stations | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/storyE.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

タイトルとURLをコピーしました