次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

ラムザイヤー論文にミスなどない ストローマン論法というウソを使って信用失墜をはかる韓国メディア(SDHF Newsletter No.303J) – There are no mistakes in Professor Ramseyer’s article The Korean media is doing its best to discredit his article using “strawman” tricks

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

ラムザイヤー論文にミスなどない ストローマン論法というウソを使って信用失墜をはかる韓国メディア 早稲田大学教授 有馬哲夫

ラムザイヤー論文にかみついて批判にならない批判を繰り広げているのは、韓国ばかりではなく、アメリカでも似たようなものです。

これまで、韓国の李宇衍(イ・ウヨン)博士の2つの論文を紹介することによって、批判をほぼ完全論破してきました。(ニュースレターNo.301J, 302J)

もうひとつ、「ラムザイヤー教授が慰安婦主張のミスを認めた」(中央日報)という極めて悪質な報道にたいして、有馬哲夫教授が反論している論文をご紹介します。

(中央日報)(前略) ソク・ジョン教授は「ラムザイヤー教授の論文の脚注を調べた結果、戦時慰安所の女性に関する契約内容がなかったうえ、該当契約を記述した2次出所もなかった」と指摘した。これに対しラムザイヤー教授は「韓国人女性の契約書を確保すればよいと考えたが、探せなかった」と認めた後「あなたも探せないのは確実だ」とソク教授に話したという。

すでに、李宇衍博士の「朝鮮人業者と契約し慰安所を転々とした慰安婦の証言」で、契約書があることが明らかにされていることをNo.302Jで紹介しました。したがって、ソク教授は、事実を知らないでラムザイヤー教授を攻め立てているにすぎません。ラムザイヤー教授が、契約書が見つからなかった、といっているのは、それは公文書ではなく、個人の家にある私文書なので、見つけることができない、ソク教授も見つけられませんよ、と言っているにすぎません。別に私が間違っていたといってるわけではないのに、「中央日報」はこういう歪曲報道をしているわけです。

該当箇所を記述した2次出所もなかった、ソク教授の言ってるのは全くの虚偽で、ラムザイヤー文書の注釈には「US Office of War Information, 1944. Interrogation Report No.49 がちゃんと載っていてそこに契約について書かれています。したがって、ソク教授は無知のためかここでは全くのウソを言ってます。

この中央日報の記事はとんでもない出鱈目、大ウソを書いていることになります。その責任は、ソク教授にあるのかもしれません。

有馬論文日本語版:

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Ram.pdf

有馬論文英訳文:

http://www.sdh-fact.com/CL/RamE.pdf

令和3年3月25日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

There are no mistakes in Professor Ramseyer’s article The Korean media is doing its best to discredit his article using “strawman” tricks

Professor Arima Tetsuo, Waseda University

In Korea, as well as in America, media and academic circles have attacked Professor Ramseyer’s article on the comfort woman, resorting to “strawman” tricks to discredit it.

We have previously introduced Dr. Lee Woo-yeon’s two articles (Newsletter No. 301 and No. 302), which completely demolished criticism against Ramseyer’s article.

The Korean newspaper Joong Ang Ilbo (Central Daily), February 27, 2021, maliciously stated: “Mr. Ramseyer admitted to errors in his article on the comfort women.”

Professor Arima states that is completely erroneous and demagoguery.

(Joong Ang Ilbo (Central Daily) [Omitted] Professor Jeannie Suk Gerson pointed out, “I examined the references of Professor Ramseyer’s article and found out that there were no contracts related to South Korean women at the wartime comfort stations nor secondary sources indicating the presence of contracts in question.” Against her criticism, Professor Ramseyer allegedly said to Professor Suk, “I should have obtained contracts from South Korean women, but I failed to search for them,” and added, “Certainly, you cannot find them, either.”

Firstly, if you would recall Dr. Lee Woo-yeon’s article in Newsletter No. 302: he showed that there were “contracts” between comfort women and comfort station owners. So Professor Suk’s argument is nonsense from the start.

Professor Ramseyer said to Suk “I should have obtained contracts from South Korean women, but I failed to search for them,” and added, “Certainly, you cannot find them, either.” What he meant by this was that since the contracts were not public in nature, they are not in public archives but in private homes. That is why he added “Certainly, you cannot find them, either.” Without understanding this, Professor Suk, and the newspaper, distorted Professor Ramseyer’s statement—that “he admitted to errors.”

As to “nor secondary sources indicating the presence of contracts in question,” Professor Ramseyer mentioned “US Office of War Information, 1944. Interrogation Report No. 49,” which showed the contents of the contracts, etc. So, Professor Suk was either very ignorant or flat out lied.

Article URL:

There are no mistakes in Professor Ramseyer’s | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/RamE.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

0
タイトルとURLをコピーしました