次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

<群馬>八ツ場ダム運用1年、ダム本体上が通行可に 水陸バス人気

ニュースまとめ
スポンサーリンク

上毛新聞の記事

八ツ場運用1年、ダム本体上が通行可に 水陸バス人気、22万人来訪 周遊観光促進に期待
[2021/04/02 06:00]

八ツ場ダム(群馬県長野原町)の運用開始から1日で1年となった。建設を巡る歴史や経緯が注目された全国区の知名度を背景に、これまでに約22万人が来訪。水陸両用バスなど新たな観光資源が加わり、一大観光地に生まれ変わった。一方、コロナ禍や相次ぐ計画遅れの事業が誘客に影響している。同日はダム本体の上部通路の規制が解除され、左岸から右岸へ徒歩で通り抜けができるようになり、一体感のある周遊観光の促進に期待する声が上がっている。

建設計画から68年の歳月をかけ、昨年3月末に完成し翌日から運用を開始。新型コロナウイルス感染症対策のためダム本体の開放は昨年7月7日に始まり、本格的な観光ができるようになった。国土交通省利根川ダム統合管理事務所によると、見学開始から今年3月末までのダム本体来訪者の自動カウントでは約22万人が訪れた。コロナ感染が落ち着き、紅葉が見頃となった秋が多かった。

町が業者に委託して約4カ月間運行した水陸両用バスの利用客は延べ約1万4000人、乗車率は約70%だった。町の担当者は「コロナ対策で人数制限をした割には乗車率が高く人気があった」とみる。

(記事の続きは上毛新聞のサイトでご覧ください)

八ツ場運用1年、ダム本体上が通行可に 水陸バス人気、22万人来訪 周遊観光促進に期待|社会・話題|上毛新聞ニュース
 八ツ場ダム(群馬県長野原町)の運用開始から1日で1年となった。建設を巡る歴史や経緯が注目された全国区の知名度を背景に、これまでに約22万人が来訪。水陸両...

関連記事など

(Yahoo!ニュース 共同通信)

五輪聖火、完成の八ツ場ダム巡る 群馬、移転した温泉街から対岸へ(共同通信) - Yahoo!ニュース
 東京五輪の聖火リレーは、群馬県の2日目となった31日午後、八ツ場ダム(群馬県長野原町)の湖畔を巡った。ダムは2020年3月に完成。水没地から移転した川原湯温泉の旅館や、日帰り入浴施設が立ち並ぶ温泉

(国土交通省 利根川ダム統合管理事務所)

利根川ダム統合管理事務所 | 国土交通省 関東地方整備局
利根川ダム統合管理事務所・国土交通省 関東地方整備局・トップページ

(道の駅 八ッ場ふるさと館)

「道の駅」八ッ場ふるさと館・公式ホームページ - 周辺観光
八ッ場(やんば)ふるさと館は、群馬県吾妻郡長野原町にある「道の駅」です

(YouTube 国土交通省 八ッ場ダム工事事務所チャンネル)

国土交通省 八ッ場ダム工事事務所チャンネル
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

(レスポンス)水陸両用バスに自動運転機器を実装、今秋から八ッ場ダムでテスト

水陸両用バスに自動運転機器を実装、今秋から八ッ場ダムでテスト | レスポンス(Response.jp)
群馬県の八ッ場ダムで走り出した水陸両用バスが、営業運転シーズンを終えて、意外なところに“入院”していた。運転手が座るシートが外され、そこにジョイスティックが1本。いくつもの制御ボード(基盤)と接続された状態で“手術”を受けている。
0
タイトルとURLをコピーしました