次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

2021年ジョージア州アトランタのマッサージパーラー殺人事件をどう考えるべきか/デイヴィッド・リー(SDHF Newsletter No.304J) – What we should be thinking after the 2021 Atlanta, Georgia Massage Parlor Murders. David Lee

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

2021年のジョージア州アトランタの マッサージパーラー殺人事件をどう考えるべきか デイヴィッド・リー (日本語訳:「史実を世界に発信する会」 )

現在の世界で支配力を振るっている考え方に「多文化主義」があります。この論文は、多文化主義の正体、偽善をあきらかにしておりますが、特に韓国の問題についてメディアがおかしな報じ方をしていることに疑問を呈しています。

そもそも多文化主義の中心概念はまず、多数派であるネイティブを過去の差別ゆえに非難します。そして、将来人種差別が再び抬頭してしてくることがないように努めるわけですが、その代わりに、ネイティブの共通の文化と歴史を捨て去ることになるのです。したがって、共通文化の崩壊ということを内包しているのが、実は多文化主義なのです。

3月16日にアトランタで若い白人男性が数軒のマッサージパーラーを襲い合計8人を殺害、うち二人が白人でした。事件から4日もしないうちに韓国領事館は死者のうち4人が韓国人だったと発表しました。しかしマスコミでは白人優越主義者のアジア系差別の凶悪事件という伝え方が、殆どでした。なんで、アメリカ人口の0.6%しか占めていない韓国人が死者の半数を占めているのか、そしてそのほとんどが売春婦だったのか、ということに言及しないのは、きわめて不自然、というより、実態を糊塗していると言えましょう。韓国領事館が、事件4日後に早くも4人が韓国人と発表したのは、それ以前から、韓国人女性が売春をやっていることを知っていて、調査もしていたからなのです。つまり、アメリカで韓国人の売春が広く行われているということなのです。

こういう韓国が、偽の売春少女像をアメリカ中に建てようとしているのは、まさにブラックユーモアです。

しかし、このブラックユーモアは多文化主義思想が、アジア系差別という建前から、その当事者である韓国人がアメリカで売春を大々的にやっており、また韓国人がアメリカでどれほどの虐殺事件を引き起こしているのかについて触れることを避けているというところにあることに気づくべきです。(2012年コ・スナムによるウィスコン大学銃撃事件、7人殺害、チョ・スンヒによるバージニア工科大学銃撃事件、32人殺害)

エッセイ原文(英語)

http://www.sdh-fact.com/CL/AtlantaE.pdf

エッセイ日本語訳

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Atlanta.pdf

令和3年4月5日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

What we should be thinking after the 2021 Atlanta, Georgia Massage Parlor Murders.

David Lee

It appears that the Western liberal democracies have finally succumbed to the poison that they imbibed like expensive wine, multiculturalism, and cannot stop imbibing. On one hand, multiculturalists invite the dissolution of their own culture and history while, on the other hand, promote a culture and history that is antithetical to the native people, as oil is to water.

On March 16, 2021, a young White American man went to several massage parlors in the Atlanta area and shot and killed a total of eight people. Two of those killed were Whites. Almost immediately, a foreign government reported that four of those killed were “Koreans”, one being a citizen of Korea. (The remaining victims were Chinese.) Why is it that there were that many Koreans in US Massage Parlors? Why are there so many Koreans in the US sex trade in general? One should really be wondering why the South Korean Consulate was so keen in this matter.

Predictably, the Western media has gnashed its teeth and lamented the “rise” of “anti-Asian violence” by “white supremacists” and the need for more “gun control”, yet nothing has been mentioned of the two Whites who were killed and why half of those murdered were Koreans, even though Koreans represent only 0.6% of the American population.

This incident suggests that the Korean government is fully cognizant of the problem of Korean prostitution in America. At the same time, Koreans are braying to anyone who will listen the so-called “comfort woman” issue in Western liberal democracies.

The Korean comfort women fairy tale is the bitter aftertaste of multiculturalism. One should really calmly examine the past to see that this is indeed the case.

Article URL:

What we should be thinking after the 2021 Atlanta, Georgia Massage Parlor Murders | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/AtlantaE.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

0
タイトルとURLをコピーしました