次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

豚の骨で放射性物質回収の新技術開発 廃炉作業に活用も ~ネット「つまりとんこつラーメンの出汁とったあとで重曹つかえば出来るのか」「お豚様と呼びたくなる」

科学技術
スポンサーリンク

NHKの記事

豚の骨で放射性物質回収の新技術を開発 廃炉作業に活用も期待
2021年4月18日 11時55分

福島第一原子力発電所の事故で出た放射性物質のストロンチウムを豚の骨を使って回収する技術を日本原子力研究開発機構が開発しました。捨てられる豚骨を利用しコストも抑えられることから将来的に廃炉作業での活用が期待されます。

東京電力・福島第一原発では、溶け落ちた核燃料を冷却したあとに出る汚染水に多くの放射性物質が含まれ、専用の施設で取り除く処理が継続的に行われているほか、地下の土壌などの一部に放射性物質が残っているとみられています。

原子力機構ではこうした放射性物質を効率的に回収する技術開発を進めていて、このほど豚の骨でストロンチウムと呼ばれる放射性物質を回収する技術を開発したと発表しました。

動物の骨に含まれるアパタイトという物質が持つ放射性物質を吸着する性質に注目し、豚骨を重曹を溶かした水に浸す処理をすることでストロンチウムの吸着能力を従来の吸着剤のおよそ20倍に引き上げることに成功したということです。

豚骨は飲食店などで捨てられたものを使いコストも抑えられることから将来的に廃炉作業での活用が期待されます。

担当の関根由莉奈研究員は「廃棄される骨で格段に高い性能のものが簡単に作成できたことに驚いている。ぜひ廃炉に生かしてほしい」と話しています。

原子力機構ではほかの放射性物質の回収技術の開発も進めていくとしています。

豚の骨で放射性物質回収の新技術を開発 廃炉作業に活用も期待 | NHKニュース
【NHK】福島第一原子力発電所の事故で出た放射性物質のストロンチウムを豚の骨を使って回収する技術を日本原子力研究開発機構が開発しま…

ネットの反応

お豚様と呼びたくなるぐらいだー

ストロンチウムは人体に入った場合、骨にたまりやすいと聞いているので、なるほど豚「骨」か

豚骨に吸収回収した物の処理はどうするんだよ。

豚の骨でやってみたらどうだろうと考えた人がいるって事だよね
その発想力に尊敬しかない

へー、ダシ取った後の豚骨でいいのか。九州のラーメン屋からいっぱい廃棄が出そう。
骨は埋めたらいつか土に還るから、半減期を何回かやってかなり減ったら土に埋めるという手もあるね。

将来的に「豚骨最終処分場建設反対」のプラカードが各地に立つわけか
胸が熱くなるな

つまりとんこつラーメンの出汁とったあとで重曹つかえば出来るのか・・・

これラーメン好き?豚骨好き?なお姉さんが見付けたやつですよね?!
実用化されそうで嬉しい…!

関連記事など

(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

廃棄豚骨が有害金属吸着剤に ―廃材を利用した安価で高性能な金属吸着技術を実現―|日本原子力研究開発機構:プレス発表

(東京大学大学院理学系研究科)

廃棄豚骨がストロンチウム吸着材料に - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部

(テレビ朝日)ラーメン好き研究員が…豚骨が放射性物質を20倍吸着

ラーメン好き研究員が…豚骨が放射性物質を20倍吸着
 ラーメン好きの研究者が大発見です。  日本原子力研究開発機構の関根由莉奈研究員らは重曹の水溶液に漬け込んだ豚骨が放射性物質のストロンチウムや重金属のカドミウムや鉛を大量に吸着することを発見しました。  関根研究員によりますと、今回、発見された加工法で豚骨が高炭酸含有アパタイトという状態に変化します。加工後の豚骨は...

出典:日本原子力研究開発機構

 

+1
タイトルとURLをコピーしました