次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

日米首脳会談から見えてきた道 台湾独立建国連盟日本本部 委員長王明理(SDHF Newsletter No.309J) – A Path Foreseen through the U.S.-Japan Leaders’ Meeting

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

日米首脳会談から見えてきた道 台湾独立建国連盟日本本部 委員長王明理

「4月16日に行われた日米首脳会談後の共同声明で、『台湾海峡の平和と安定の重要性を強調する』と明記されたことは実に画期的なことであり、台湾はもちろんのことアジアの将来に希望の光を与える力強いメッセージとなった。」と王明理委員長は、先月4月16日の日米共同声明の意義を強調しています。

それは、「日米が中国の理不尽な覇権主義を看過せず、台湾への侵略を許さないという正論がやっと発せられたからである」といいます。

「1945年以来、台湾人はずっと『台湾は台湾であって中国人のものではない』と言いたくても、その心の叫びは中国国民党に弾圧され、国際社会に届くことがなかった。その状態のまま更に、1972年に国連の中国(中華民国)の議席が蒋介石代表から中華人民共和国に継承されて以降は、中国の国力が増大するのと反比例して、台湾の国際的な地位や外交関係はどんどん失われていった。中国による台湾いじめと、それに追随する日米をも含む国際社会のなかで、台湾人2300万人の人権は無視されてきたのが事実である。」というこれまでの経過があったが故です。

さらにこの共同声明に続き、各方面で台湾に有利な動きが起こっていることがあげられています。4月17日世界医師会が「台湾を次のWTO年次総会に招待すること及びもう2度とWHOを政争に利用しないこと」というテドロス事務局長あての決議文を22対1で採択したこと。19日、フィリピンのドゥテルテ大統領が海底資源問題で中国に警告を発したこと。同じく19日、アメリカの議会で超党派の議員が「台湾国際団結法案」を提出したこと。21日、日本台湾交流協会の泉博康代表の名刺が「大使 泉博康」に変わったこと。同じく21日、オーストラリア政府が2018年と2019年にビクトリア州政府が中国と結んだ「一対一蘆」契約を破棄したこと。等々です。

「台湾有事は日本有事」です。日本の取るべき道はシンプルに見えてくるのではないか、と王明理委員長は結んでいます。

王明理声明(日本語)

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Foreseen.pdf

王明理声明(英訳文)

http://www.sdh-fact.com/CL/ForeseenE.pdf

令和3年5月6日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

A Path Foreseen through the U.S.-Japan Leaders’ Meeting

Wang Ming-li, Chair, World United Formosans for Independence (WUFI)-Japan

The U.S.-Japan Joint Press Statement released after President Biden and Prime Minister Suga met on April 16 clearly stated, “We underscore the importance of peace and stability across the Taiwan Strait and encourage the peaceful solution of cross-Strait issues.” This was truly epoch-making and sent a strong message, of a bright future not only for Taiwan but also for all of Asia.

The United States and Japan have shown that they will not overlook China’s irrational hegemonic encroachment, including its attempt to seize Taiwan. From the Taiwanese standpoint, the right view was finally expressed.

Ever since 1945, the Taiwanese forthrightly stated, “Taiwan belongs to the Taiwanese, not to the Chinese.” However, our cry, emanating from the bottom of our hearts, has been suppressed by the Chinese Nationalist Party, never to be heard by the international community. Worse still, in 1972, the Republic of China’s seat in the United Nations, held by representatives of Chiang Kai-shek, was taken by the People’s Republic of China. Since then, as China’s national strength rose, Taiwan’s international standing and diplomatic relations have declined. The fact is that amidst China’s bullying of Taiwan and with the international community, including the United States and Japan, following suit, the human rights of 23 million Taiwanese have been totally neglected.

Now, finally, after fifty long years, the United States clearly manifested its commitment to the sovereignty of Taiwan and urged Japan to do the same.

The importance of the recent U.S.-Japan Joint Press Statement is reflected in the fact that numerous actions, one after another, have arisen in various parts of the world. The World Medical Association adopted a resolution on April 17, addressed to WHO Director General Tedros, demanding that the WHO invite Taiwan to the next World Health Assembly. On April 19, President Duterte of the Philippines warned China, “If China ever attempts to explore seabed resources in the South China Sea, I will immediately send grey ships (warships) to claim our territorial right.” On the same day (April 19), in the United States Congress, the “Taiwan International Solidarity Act” was submitted by lawmakers of both political parties. Also on April 21, the business cards of Izumi Hiroyasu, Director of the Japan-Taiwan Exchange Association (equivalent to the Japanese Embassy in Taiwan), reportedly carried the title “Ambassador” Izumi Hiroyasu. Moreover, on the same day, the Australian Government announced its cancellation of the “One Belt, One Road Initiative (OBOR)” contract concluded between the State of Victoria and China.

The US-Japan Joint Statement on April 16 has significant meaning for Taiwan, Japan and the world.

Article URL:

A Path Foreseen through the U.S.-Japan Leaders’ Meeting | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/ForeseenE.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

0
タイトルとURLをコピーしました