次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

日本は慰安婦問題の終息を願っているのか? ならば河野談話を撤回せよ! 慰安婦法廃止国民行動 金柄憲(キム・ビョンホン)代表(SDHF Newsletter No.312J) – Does Japan really want to terminate the comfort women issue? If so, withdraw the Kono Statement!

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

日本は慰安婦問題の終息を願っているのか?ならば河野談話を撤回せよ!慰安婦法廃止国民行動 金柄憲(キム・ビョンホン)代表

真の韓国人が河野談話撤回を叫ぶ!!訂正 中間に出てくる村山総理の部分は宮沢総理です。申し訳ございません。

5月19日、ソウルの慰安婦像の前で、慰安婦法廃止国民運動(代表:金柄憲(韓国国史教科書研究所長)の記者会見が開かれました。今回は慰安婦問題の最大の癌となっている「河野談話」を即刻撤回せよとアピールしています。

ベルリンの公園に慰安婦像が設置されることになった区議会決議の決定的な力を行使したのは「河野談話」でした。1月8日12人の元慰安婦が日本政府を相手に提起した慰安婦被害賠償請求訴訟で原告勝利に判決でも「河野談話」が大きな根拠とされています。

しかし、河野元官房長官は、インドネシアのスマランでオランダ女性を拉致・売春を強要した戦争犯罪行為を持ち出して、合法的に行われていた日本・韓国などの慰安婦をそれと同じであるかのような前提で、強制性を認めるというとんでもない誤りを犯しているということを、国民運動の声明文では鋭く糾弾しています。スマラン事件では、戦争犯罪として3名が死刑に、9名が懲役刑を受けています。もし、河野のような解釈を日本政府が取るなら、日本人・韓国人慰安婦についても日本政府は戦争犯罪と認めてその責任者処罰と法的賠償を行わなければならなくなります。

声明文は次の言葉で締めくくっています。

「断言する、河野談話が生きている限り日本軍慰安婦の解決は遥か遠く韓日関係の回復は回復しがたい。

これに対し私たち国民行動は日本政府に強く求める。

河野談話をそのまま維持するならスマラン事件のオランダ人女性と同様元日本軍慰安婦韓国人女性に対しても戦争犯罪被害者と認めて、責任者処罰と法的賠償を施行せよ!

もしそうでなければ、河野談話を即刻撤回せよ!河野談話を即刻撤回せよ!」

声明文(原文・ハングル)

http://www.sdh-fact.com/CL/WithK.pdf

記者会見文(日本語訳/宮本富士子)

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/With.pdf

記者会見文英訳(発信する会)

http://www.sdh-fact.com/CL/WithE.pdf

令和3年5月31日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

Koreans Voice Withdrawal of the “Kono Statement”! Does Japan really want to terminate the comfort women issue? If so, withdraw the Kono Statement!

Kim Byung-heon, Representative of National Action to Abolish the Comfort Women Act

真の韓国人が河野談話撤回を叫ぶ!!訂正 中間に出てくる村山総理の部分は宮沢総理です。申し訳ございません。

On May 19, 2021, National Action to Abolish the Comfort omen Act (Representative: Kim Byung-heon, Director of the Korean History Textbook Research Institute) held a press conference I front of the Comfort Girl Statue in Seoul appealing the Withdrawal of the “Kono Statement”, for it distort the truth of comfort women.

“The Statement” emphasizes that “The Kono Statement” is playing most influential factor for the issue of the comfort women in not only in Korea but throughout the world. However, former Secretary Kono made an incredible error. He wrong-headedly confused the case of the Dutch women, who were actual war crime victims, with Japanese military comfort women, who were recruited and managed to prevent war crimes against women in Japanese-occupied regions.

“The Statement” mentions that Japan operated the “comfort women system” strictly abiding to the law. Before the start of the contract, women received an advance and put their seal on the contract. At the expiration of their contract, women were to return home immediately. However, some had their contract extended or moved to other comfort stations. Among these comfort women was Moon Okuju, who lived as a comfort woman near the Burmese front, earned a lot of money and sent money home.

“The Statement” concludes that;

If Japan does not recognize former Korea comfort women as war crime victims, then withdraw the Kono Statement immediately! Immediately withdraw the Kono Statement!

Korean text URL:

성명서] 위안부 진실을 오인(誤認)한 고노담화를 철회하라! | Society for the Dissemination of Historical Fact

(PDF)

http://www.sdh-fact.com/CL/WithK.pdf

Article URL:

Does Japan really want to terminate the comfort women issue? If so, withdraw the Kono Statement | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/WithE.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

 

0
タイトルとURLをコピーしました