次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のための保守系時事ニュース・オピニオン・デジタル資産サイト

<元海上保安官・一色正春氏>学術会議に年間10億円費やすのであれば、それ以上の費用を費やしても優秀な民間の技術者の他国への流出を防ぐべし ←ネット民2万いいね!

時事ニュース
スポンサーリンク

一色正春(@nipponichi8)さんのツイート

学術会議に年間10億円費やすのであれば、それ以上の費用を費やしても優秀な民間の技術者の他国への流出を防ぐべし

一色正春氏プロフィール(Wikipediaより)

一色 正春(いっしき まさはる、1967年(昭和42年)1月3日 – )は、日本の内部告発者、元海上保安官(最終階級:三等海上保安正)。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。国立富山商船高等専門学校卒業、放送大学教養学部卒業、学士(教養学)。

一色正春 - Wikipedia

ネットの反応

それが普通の考えです。
千人計画にやられてしまいます。

今までの分も返して欲しいくらい
税金の無駄遣いの何者でもないわ

結果国民に配られたマスクにあれだけ騒いだくせに無駄の極地で何も役にも立たない組織に流れるお金には文句も言わない層がいるんですよ〜

身内の後輩PhDは抜きん出て優秀な研究者だったが、経済的理由からポスドクにはいかず、やってた研究の継続を断念して、民間に就職してしまった。周りはみんな残念がったがどうしよもなかった。最近身の回りで聞いた話し。

ゴミを税金で飼って、ダイアモンドの原石は海外に流出しているんですね

 

0
タイトルとURLをコピーしました