次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のための保守系時事ニュース・オピニオン・デジタル資産サイト

<蓮舫議員>声を上げ続けてください。 間違いは世論の力で正せます。~ネットの反応「声を上げ続けます、日本学術会議が廃止されるまで」「日本学術会議の実態解明とあり方の議論を国会でするように声をあげるべきですね」

時事ニュース
スポンサーリンク

蓮 舫 ・ 立 憲 民 主 党 ( り っ け ん )(@renho_sha)さんのツイート

声を上げ続けてください。

間違いは世論の力で正せます。

蓮舫氏プロフィール(Wikipediaより)

蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名:齊藤 蓮舫〈さいとう れんほう〉、1967年〈昭和42年〉11月28日 – )は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(3期)。立憲民主党代表代行兼国民運動・広報本部長。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫(むらた れんほう)。

菅直人内閣で内閣府特命担当大臣(行政刷新、消費者及び食品安全)、内閣総理大臣補佐官。野田内閣で内閣府特命担当大臣(行政刷新、「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画)、公務員制度改革担当大臣を務めたほか、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表(第2代)を歴任した。

蓮舫 - Wikipedia

ネットの反応

間違いは世論の力で正せる。

その通り。

なのでその存在も公金支出の対象とする事も間違っている日本学術会議の解体と支払われ続けている年金の支出を止めさせよう。

何なら総選挙の争点にしてもいい。

世論は日本学術会議の存在意義に懐疑的な目を向けています
蓮舫さんも世論の声に耳を傾けましょう

声を上げ続けます、日本学術会議が廃止されるまで。

今回この件で知って驚きなのが 推薦の選考です。
やめる人が後任を決めてることに非常に驚きました。
このようか推薦で学術会員になることで、文科省からの予算が適切に配分されるか甚だ疑問です。これこそ学問の自由に支障に触れると思います。推薦の選考を改善求めます。

日本学術会議の実態解明とあり方の議論を国会でするように声をあげるべきですね。
彼らによって、研究が拒否されたりねじ曲げられた事はないのか。税金をどう使っているのか。国民が選びもしてない人が勝手に税金使っていいのか。

 

関連記事・動画など

(報知ニュース)

蓮舫氏、学術会議の任命問題で呼びかけ「声を上げ続けてください。間違いは世論の力で正せます」
 立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が7日、自身のツイッターを更新。日本学術会議が推薦した新会員の候補者6人が任命されなかった問題で菅政権への“徹底抗戦”を呼びかけた。

 

1+
タイトルとURLをコピーしました