次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のための保守系時事ニュース・オピニオン・デジタル資産サイト

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!6(SDHF Newsletter No.288J) – JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY: WHAT COULD HAVE BEEN

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)

その6 第5章 秋丸機関と歴史の偽造

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」(以後「腹案」)に沿った戦いを進めれば、日本の勝利は極めて高い可能性があったことを第3章で詳しく説明しました。

イギリスのチャーチル首相が、開戦2年目の1942年4月7日付でルーズベルトへの手紙で「今、日本がセイロン島と東部インドからさらに西部インドへ前進してくれば対抗できない。蒋介石ルート、ペルシャ湾経由の石油輸送ルートやソ連支援ルートが遮断される」と悲鳴を上げているのを見れば、いかにこの作戦が有効だったか理解することができましょう。

なぜこの勝利の戦略が実行されなかったのかについて第4章でいろいろな角度から検討いたしました。

いずれにしても、日本は決して自国の力、世界情勢に盲目だったために無謀な戦争に飛び込んでいったのではない、ということは十分に理解いただいたことと思います。

ところが、戦後日本に勝利の戦略があったなどということは、全く論じられないできました。軍閥が、世界の情勢もわきまえずに、無謀な侵略戦争を起こした、という歴史観が支配してきたからです。

「腹案」のもとになった、秋丸機関の主査の有沢広巳が作成した「英米合作経済抗戦力調査―其1」は、その存在が抹消されていました。さらに、当の作成者である有沢広巳自身が、1956年に雑誌『エコノミスト』に「支離滅裂の秋丸機関」という回顧録を書き、その中で、提出した報告が国策に反するということで、報告書はすべて焼却させられた、と書いたのです。すべて報告書はなくなっている(はずである)ことをいいことに、全く反対のことを言っているのです。つまり、戦後の風潮に便乗して、秋丸機関は無謀な戦争を止めさせる報告書を出した、という大ウソをぬけぬけと書いたのです。

すると秋丸機関の責任者であった秋丸次郎(元中佐)も、1979年に回顧録『朗風自伝』で、同じようなことを書いているのです。

1988年に有沢は死去しました。すると、なくなっていたはずの「英米合作経済抗戦力調査―其1」が残された文書の中に存在していたのです。家族にの人は、そのようないわくのある文書とは知らず、これを東大経済学部図書館に寄贈したのです。かくして、有沢、秋丸の言っていたことは全くの虚偽であることが明らかになった、いやなる筈だったのです。

ところが驚いたことにこれを正しく読んで偽造された歴史を書き換える歴史学者、経済学者が出てきたかというと、実際は全く逆で、相変わらず、有沢、秋丸のウソが歴史学界の主流ではまかり通っています。これを根底からただしたのが『日米開戦 陸軍の勝算「秋丸機関」の最終報告書』(林千勝著)(祥伝社)です。この問題について本書ではさらなる考察を加えています。

日本語原文:

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater06.pdf

英訳文:

http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.6.pdf

令和2年9月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝


JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY : WHAT COULD HAVE BEEN

By Moteki Hiromichi

Heart Publishers, Tokyo, 2018

Society for the Dissemination of Historical Fact

Society for the Dissemination of Historical Fact

Series No.6, Chapter 5: The Akimaru Unit and the Falsification of History

As I described in Chapter 3, had Japan adhered to “the Master Plan,” Japan might have had a good chance of winning the war. Churchill sent a letter addressed to Roosevelt, April 15, 1942, in which he wrote the following:

Until we are able to fight a fleet action there is no reason why the Japanese should not become the dominating factor in the Western Indian Ocean. This would result in the collapse of our whole position in the Middle East, not only because of the interruption to our convoys to the Middle East and India, but also because of the interruptions to the oil supplies from Abadan, without which we cannot maintain our position either at sea or on land in the Indian Ocean Area. Supplies to Russia via the Persian Gulf would also be cut. With so much of the weight of Japan thrown upon us we have more than we can bear.

This clearly demonstrates how much Churchill feared Operation 11 (the Indian Ocean Operation).

In Chapter 4, I explained why this effective operation was not conducted, even though Japan was fully capable of executing this operation.

After the war, the fact that Japan had a Master Plan for Victory has not been openly discussed in Japan, since the dominate view of the war is that militarist set off on a reckless war without even gathering global intelligence.

There is more to this line of thinking. Prof. Arisawa Hiromi, the very person who produced “Survey of US-UK Allied Economic War Potential”, which was the basis of the Master Plan of Victory, wrote a piece of fiction in the monthly magazine Economist in 1956. He said that his Survey was expunged by Sugiyama Hajime, chief of Army General Staff, because the Survey suggested not to start a war, considering the huge power differential between Japan and the US-UK axis. As explained in Chapter 3, this was contradicted to what was proposed in the Survey. However, Arisawa could say this since the Survey reports were supposedly expunged. Former Lieutenant Colonel Akimaru Jiro, chief of the Akimaru Agency, followed suit. They went along with the postwar flow by showing how pacifist they were.

Ariswa died in 1988 and his books and papers were donated to Library of the Tokyo University Department of Economics by his family. The Survey report was found in his papers. It should have been stated that Arisawa’s and Akimaru’s stories were contrary to the facts. But strangely enough, their fake stories were instead amplified by elitist historians.

Hayashi Chikatsu, an independent researcher who published Outbreak of War Between Japan and the US: Japanese Army’s Chances of Success: Akimaru Agency’s Final Report in 2015, thoroughly reviewed the Survey.

My book is very much based on Hayashi’s findings regarding this issue.

URL:

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY: WHAT COULD HAVE BEEN No.6 CHAPTER 5 | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.6.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

1+
タイトルとURLをコピーしました