次の世代に『より良き日本』を受け継ぎたい人のためのニュースまとめ・オピニオン・デジタル資産サイト

今、なぜ台湾なのか―台湾の今置かれている状況と世界から寄せられている期待―(SDHF Newsletter No.290J) – Why Taiwan now – the situation of Taiwan today and global expectations toward Taiwan

史実を世界に発信する会
スポンサーリンク

当記事は「史実を世界に発信する会」代表代行・茂木弘道様より転載許可を頂き掲載しています。

日本近代史・日本近現代史関係の書籍を英訳公開[史実を世界に発信する会]トップページ
史実を世界に発信する会の目的は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、その土台となる「英文Web資料館」を構築することにあります。活動の中心は、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することです。

今、なぜ台湾なのか ―台湾の今置かれている状況と世界から寄せられている期待―

杉原誠四郎(元城西大学教授)

7月23日のポンペオ国務長官の「共産党中国と自由政界の未来」と題する歴史的演説は、共産中国との決別を鮮明にしたものです。

こうした状況下で、台湾は今や大きな期待を世界から寄せられている存在となっています。特に、共産中国発の新型コロナウィルスに対して、中国政府情報に惑わされることなく、先手を取り、早々と対策を打ち、コロナ対策の世界一の優等生となったことは、台湾の民主主義体制が、共産中国に勝るだけでなく、世界をリードするものになってきていることを示すこととなりました。

このような前提に立ち本論文は、台湾に関して6つの提言を行っています。その要旨は、

(1) 台湾安全保障のためのアメリカとの安全保障条約の締結。

(2) 準国家扱いの台湾を事実上独立国と同じ主権を持つように見なすこと

(3) ポンペオの新しい民主主義国同盟結成の時の呼びかけに率先して呼応すること

(4) 全体主義国家中国とは存在していないかのような関係を呼びかけること

(5) 新しい国際同盟では、特定国に敵意を育む教育を禁止すること

(6) 李登輝元総統が主張したように台湾政府は尖閣は日本領と認めること

台湾とは関係のないことが出ているように思われるかもしれません。しかし、実は関係しています。本文をぜひお読みください。

日本語本文:

http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Taiwan2020.pdf

英訳文:

http://www.sdh-fact.com/CL/Taiwan2020_e.pdf

令和2年10月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

 

Why Taiwan now—the situation of Taiwan today and global expectations toward Taiwan

By Sugihara Seishiro

Former professor, Josai University

This year, on July 23, United States Secretary of State Michael Pompeo made a historical speech regarding U.S.-China policy. He demanded China completely abandon its policy of hegemony.

Given the circumstances, the world is greatly expect Taiwan to rise. In the midst of the novel coronavirus pandemic, when the virus first struck Wuhan, China, without being deceived by the Chinese Government, Taiwan took prompt measures and prevented the spread of the virus. This shows that Taiwan’s democratic system is not only superior to Communist China’s regime but also ahead of the rest of the world.

On this premise, Prof. Sugihara made six suggestions to the people of Taiwan:

1) In order to consolidate national security of Taiwan, Taiwan should conclude a security pact with the US;

2) Taiwan should ask countries of the world to recognize Taiwan as a “quasi-state” and that, as such, Taiwan possess the same sovereignty as independent nations;

3) We want the people of Taiwan to be the initiator of Pompeo’s idea of a new group of like-minded nations, a new democratic alliance;

4) Until China changes from an authoritarian state to a democracy, we want Taiwan to persist in demanding the rest of the world to cut its ties with China, have nothing to do with China, politically, economically and culturally–as if China disappeared from the face of the earth;

5) At a new, reformed United Nations, as a symbol of human progress and as nations of the 21st century, it should be resolved that hostile propaganda against specific nations be prohibited;

6) Former Taiwanese President Lee Teng-hui, who just recently passed away on July 30, reportedly stated, in official capacity, that the Senkaku Islands are Japanese territory. We want the Government of Taiwan to back Japan’s assertion that the Senkaku Islands belong to Japan.

URL:

Why Taiwan now—the situation of Taiwan today and global expectations toward Taiwan | Society for the Dissemination of Historical Fact

PDF:

http://www.sdh-fact.com/CL/Taiwan2020_e.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

0
タイトルとURLをコピーしました